www.nbsca.net

自動車での事故があった状況で自動車の事故の被害者の場合でも向こう側が非を一切認めないという事例は数多く存在します。例えば、意思と関係して起こってしまったのではなく不注意で自動車をぶつけられた時などに、そういう言い争いにつながってしまう状況がありえます。かといって事故現場で自動車だけの交通事故片付けられて、時間が経過して体の変調が現れた際に行った病院の証拠となる診断書出すのでは対処が遅れる感は仕方がなくなってしまいます。それなら自動車事故の過失割合の取り決めにはどういう風な物差しが設定されているのでしょうか。きちんと言えば警察署が確定するのは、主として車の事故の責任があるのはどちらのドライバーかという責任の所在であって、割合ということではないのです。また、決められた責任者が公表される状況は全くありません。このため、「過失割合」は本人たちの調整の結果に応じて決定された、それが自動車事故の賠償の算定の基準です。この場面で、両者共に車の任意保険に未加入の場合には、双方が直接的に調整します。ところが、当然その交渉では、感情に走った問答になる時が高くなります。この上、互いの主張が平行線をたどればまかり間違うと、裁判所にまでもつれ込みますが、この場合多くの時間とお金の膨大な損失は避けられません。これにより一般的には各々の当事者に付く自動車の保険会社、そのようにそれぞれの自動車の保険屋さんに相談を全て任せる手立てを使って、適切な割合を落ち着いて確定させるのです。こういった際自動車の保険の会社は、過去の自動車での事故の係争の裁定から出された元となるもの、判例集を土台として推計と交渉を活用して「過失割合」を算出します。と言っても、自動車事故の際には遭遇したのか原因となってしまったのかには関係なく、とりあえず110番に連絡するのがルールです。その後で、自動車保険会社に連絡して、その先の協議をお願いするのが手順となります。正しい手順さえ理解していれば、当事者同士の無意味な議論への展開を未然に防止できるに違いありません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.nbsca.net All Rights Reserved.