www.nbsca.net

事故は、己だけの事故と誰か他の人に迷惑をかけた車での事故が存在します。自身だけの事故の場合はあなただけで事故の処理をしたら完了となりますが他の人を含めた交通事故は互いにどれだけの不注意が存在したのかを分析しこれにより車の修復のお金が示談のお金がいくらになるのかなどが決定されるので、自動車の保険会社の担当者にたってもらい相談が必要不可欠です。大部分の車での事故のケースで互いに多少なりとも損失がある状況が一般的で一方だけの間違いだという場合はほとんどないようです。もちろん赤信号無視や一時停止無視など違反による事故ならかなり大きな責任になりますが被害を受けた人であっても落ち度があったと判断されます。自動車での事故の時にはどの運転手の責任で発生したのかというのがたいへん大事になってくるのでその結果を誰にも分かりやすく表したものが「過失割合」(過失割合)と呼ばれるものです。例をあげるなら、上記の赤信号無視や一時停止無視状況なら、法上事故を起こした側にすべての手落ちがあると考えられますがこの場面で事故を起こした自動車が被害者の前方から来ており目で見て確認できたケースだと自動車事故の被害者でも注意が足りないとされ1割りぐらいの落ち度が認められる場合もあります。つまりその場合には事故を起こした側が9割、自分1割の過失割合と決められ数値が大きな方に間違いが問われる状況になります。さらに自動車での事故の割合前の自動車の事故の判例を参考にして決定する時が往々にしてあり、日弁連交通事故相談センターから明らかにされている表となるものが目安として使われています。この過失割合の、割合が高ければ間違い、つまり損害賠償金も大きくなる可能性が高いので、事故後の交渉は事故に関わった人だけでなく自動車の保険屋さんの担当を交え冷静に相談する事が大切です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.nbsca.net All Rights Reserved.