www.nbsca.net

自動車の損害保険には、読者の方もご存知かとは思いますが、通称「等級」という略称で知られる数字付け存在するのです。正式名称としてはノンフリート等級別料率制度といい、月々の掛金にかなり大きく影響を与えているのです。等級は、自動車の損害保険の被保険者の公平さを保つことを主眼としているためアクシデントを生じさせる可能性、自動車の保険を適用される恐れが大きければ高いほど保険の掛金が増加します。その一方で交通事故を起こしてしまう見込みが低く、自動車保険を適用される確率は低いだろうと考えられる被保険者は、優秀な保険利用者であるとみなされ保険の料金が値下げされます。安全に運転しているドライバーの方がそうでない人より有利なシステムとなっているので交通事故を生じさせてしまいやすい方には多少不都合な枠組みだと考えられます。優秀な運転者と事故の確度が高い運転者の月々の掛金が同じ金額だとフェアでないと思ってしまう利用者が多数なので、自動車保険サイドからしても経営上のリスクを低減させるために欠くべからざる機構だと考えられます。では、等級というものは具体的に一体どのような機構なのか概説させていただきます。最初に、等級のランクには1等級から20等級まで定められ級が増えると保険料金が低廉になる枠組みになっております。さらに、1等級?3等級の範囲においては引き下げられず、それどころか割高になり事故を生じさせ、保険を利用してしまうと3等級引き下げられ、さらに負担が大きいクルマの損害保険を月々納めることになることを避けられません。最後に、新しく申請するときは6等級からの開始になり、その時点から自分の級が低くなるのか高くなっていくのかはドライバーの実績によります。だから、保険料を安価に抑えたいドライバーは交通事故を発生させないように余裕を持った運転に努めていくのがまずは最も効率的といえるでしょう。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.nbsca.net All Rights Reserved.