www.nbsca.net

思いつきもせず急に起こるのが事故です。そこでどうやって対応する結果が原因となり、自動車の保険料の受け取りも相当差が出る場合も予想できますので的確な考えと対処が大事です。想像も出来ない場面に巻き込まれて慌ててしまうと対処を見過ごしてしまいこの先自分がとても大きな損を負うケースも考えられるので自動車の事故をしてしまった時には適切に以下に記述した作業するようにするとよいでしょう。乗用車の事故を起こした状況で第一にするべき事は重軽傷者がいるかどうかのかを確認する必要があります。乗用車の事故の後すぐは頭の中が真白になって喪心状態になってしまう場合があり容易に対応できないのが当たり前です。ですから、重軽傷者がいたならば危なくない場所に移動してから手当てをし、119番通報するなどを行い救助第一を心掛けましょう。119番通報する場面では適切な事故があった場所を伝え不確かな場面では周囲のよく知られているスーパーや地点を連絡して事故の住所が判断できるようにします。2番目に警察へ連絡し自動車事故があった事そして現在の状況を説明します。救急車とパトカーを待っている時間に事故相手の情報をチェックします。名前、住んでいるところ、電話番号、免許車のナンバー事故の相手の方の保険の会社名など相手だけでなく自分の身元を教えあいます。特に事故の相手に非があった場合、すぐに片付けようとすることが考えられますが事故現場でやり取りするのではなくどんな時でも警察署や保険屋さんに届け、ちゃんとチェックしてもらう事が欠かせません。関係者の連絡先を交換したら他者のさまたげにならないように邪魔な物を道路の上から排除します。もしも邪魔な物が他の人の妨げになっている状況なら相手と自分の情報を交換するより早くその作業を完了させても問題は起こりません。自身がお金を払っている保険屋さんに電話を入れ車での事故があった旨を電話します。交通事故から特定時間の間に自動車保険の会社に報告していないと、自動車の保険の適用除外とされる場面も想定されるのでなるべくすぐに連絡することが大事です。可能ならば現場の形跡としてデジタルカメラや携帯のカメラ等で事故の現場や乗用車の壊れた箇所の写真を写します。これは過失の割合決定するとても大きな役割となりますので、自らのクルマや相手方の愛車の状態を全て証拠に残しておいてください。その場面で近くに人がいたとしたらおまわりさんや保険会社が駆けつけるまで現場に待って頂くように求めることも重要です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.nbsca.net All Rights Reserved.